マンション分譲事業

Quality = Value

オンリーワンの存在を求め、
長く価値が継承される「住まい」として。

不動産事業に参入して約30年、当社は首都圏を主なフィールドに「ライフプランに合わせた間取りや立地条件」はもとより「環境共生・健康・子育て・情報・防犯・災害」などに配慮した、最良の住まいと豊かな生活の舞台をお届けしてきました。一方、お客さまの求めに応じ、投資用不動産の管理・運用業務も受託するなど事業の幅を拡げてきました。

当社にとって、揺るぎないサービスの基軸となるものは、都市永住型にふさわしい住まいの価値と資質を継承することにあります。この想いを企業として実現するために、設備や仕様面の快適さ、利便性はもちろん、周辺地域を含めた“街づくり”にも積極的に関与。当社がお届けする住まいを選ばれた皆さまが、より快適に、安心して暮らせる環境が周辺地域を含めた共有財産として認められるようランドスケープのデザインやグリーンワークデザインなどを通し推進してきました。また、平成12年に施行された品確法に基づく「住宅性能評価書」をいち早く導入。以降すべての物件で取得しております。

セールス面につきましては、お客さま担当の営業スタッフが物件の選定から販売、お引き渡しまでを一貫して担う体制も当社ならではのサービス性を物語るものとして大きな安心をもたらしています。

さらにセキュリティ体制の整備による防犯対策やバリアフリー、ユニバーサルデザインの充実化などご家族全員が安全に、健やかに暮らせる住空間を享受できることも大きな利点となっています。住まう街に誇りを持ち、暮らしを守る確かな品質を有することで、当社は長く価値が継承される「住まい」をご提供できるようこれからも努めていきます。

GRO-BEL MANSION

Grow Best Life Stage

“お客さまの望まれる、最高・最良の生活の舞台(マンション)を育み、提供させていただく”というコンセプトを、「飛躍」を意味する“羽”と組み合わせて「グローベルマンション」シリーズのロゴマークと致しました。

おかげさまで、
累計分譲 8,100戸超

プロスペクトがご提供するマンションは、建築基準法の最高基準をクリアした建材の使用、セキュリティ体制の整備による防犯対策やバリアフリー、ユニバーサルデザインの充実化など、ご家族全員が安全で健やかに暮らせる住空間を追求。また周辺地域を含めた共有財産としてマンションの付加価値を高めることになると考え、用地選定時の地盤・土壌汚染調査をもとに、適切な基礎計画の実施や、建物の構造から仕様に至るまで、厳しい審査基準を設けています。

※2020年3月末現在(170棟 8120戸 共同事業を含む)

東京都23区67棟、都下36棟、埼玉県34棟、神奈川県25棟、千葉県7棟、その他1棟

高度な構造・躯体品質に根ざした、
安心をお届けするために。

当社では、企画・施工・アフターサービスまでの一連の業務を「設計要領書」「標準施工管理マニュアル」等に基づいて自社管理のもと行いつつ、お客さまの目線に立った第三者機関の厳しい審査・検査を積極的に取り入れています。建築中の物件については、各工程ごとにチェック項目を設けシビアな目で状況を把握し、一切の妥協を許さない厳格な管理体制を構築しています。また、当社が提供する「グローベルマンション」では、平成12年に施行された品確法に基づく、第三者機関による厳しい審査・検査に合格しなければ取得できない「住宅性能評価書」をすべてのお客さまにお渡ししています。

image

建設現場

自社施工管理スタッフの日常検査とは別に一級建築士を中心とした
パトロールチームが、4回にわたり物件を検査。

  1. 配管検査
    コンクリート躯体の状況、給排水設備の配管状況、排気ダクトの施工状況、電気配線の状況を中心に検査を行います。
  2. 中間検査
    間仕切り壁の下地状況、床下地の状況、壁・天井の石膏ボードの施工状況を中心に検査を行います。
  3. 上棟検査
    屋上などのコンクリート躯体の状況、内装仕上げ状況を中心に検査を行います。
  4. 竣工時検査
    内装仕上げ状況、室内設備動作確認、屋上防水・地下ピット・外部仕上げ状況、各種警報・共用部設備動作確認を中心に検査を行います。
配管検査

第三者機関による入念な検査

  1. 住宅性能評価機関による検査
  2. 住宅瑕疵担保責任保険法人による検査
  3. 構造躯体検査会社による2回の非破壊検査

※コンクリート内部の鉄筋のかぶり厚さ等を自主的に検査しています。

住宅性能評価検査 非破壊検査