中期経営計画
“Strategy & Action”

中期経営計画策定の背景と目的

当社は現在、不動産販売事業と再生可能エネルギー事業を軸に事業展開をしております。当社グループを巡る競争環境は厳しさを増しており、これに迅速に対応しうる体制と強固な経営基盤を確立し、持続可能な成長を実現する戦略が必要であると考えております。このような環境の下、当社グループにおいては、中長期的な視野で今後の目標やビジョンをステークホルダーの方々にお示しするために、このほど「中期経営計画 Strategy & Action(戦略と実践)」を策定いたしました。

『Strategy & Action』

  1. 中核事業の成長による経営基盤の安定
  2. 多様な事業ポートフォリオによる収益力の強化
  3. 効率的柔軟な財務戦略による持続性の補完
  4. 高い専門性と多様性ある人材の活用と育成
  5. 経営の透明性・信頼性を確保するコーポレートガバナンス及びコンプライアンス体制

中期経営計画の概要

  • 事業部門においては資本コストを重視した事業展開を徹底し、収益構造を見直す
  • 高収益事業に特化し、市況に左右されにくい安定成長に向けた事業モデルを確立
  • 目標数値に対するモニタリングを強化
  • 外部要因に左右されにくい健全な財務基盤の形成
  • 柔軟な資本政策をタイムリーに実施
  • 効果的な企業価値向上策
  • 株主還元を強化

連結業績等目標(3ヵ年目:2023年3月期)

売上高 108億円
当期純利益 13億円
ROE 7.5%
総還元性向 50%