コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社では、株主・投資家の長期的かつ総合的な利益の拡大を重大な経営目標と位置付けています。また、当社及び当社のステークホルダーは、株主・投資家のほか、顧客・取引先など多岐に亘りますが、これらのステークホルダーとの良好な関係は当社の企業価値の重要な一部を形成するものと認識しています。当社は、会社法に規定する監査等委員会設置会社であり、監督と執行を分離し、事業を迅速に運営できる執行体制と透明性の高い経営の実現をめざし、2020年3月には、取締役の指名や報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、独立社外取締役を過半数とする指名・報酬委員会を設置することといたしました。コーポレート・ガバナンスを構築・維持・改善するにあたり、当社グループの規模や事業展開など当社固有の事情を踏まえ、企業として求められる柔軟性や、“Challenge & Ambition”というフィロソフィーに込められた精神性が両立できることが重要と考えております。ひいては、コーポレート・ガバナンスの向上が持続的な成長と中長期的な企業価値の創出に資するとの認識のもと、合理的かつ適切な企業経営をしてまいります。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制図