• 社長挨拶
  • 会社案内
  • グループ企業

CHALLENGE & AMBITION

チャレンジ[挑戦]&アンビション[志し]

  • 理念
  • 規範

未来を見通す力を、この先も

昭和12年(1937年)の創業より、繊維事業を礎として地歩を固め、業容を拡げるべく不動産事業に参入。現在は、首都圏を中心に新築マンションの分譲をコア事業とする、株式会社プロスペクト。グループ企業には、ハウスビルダーである株式会社ササキハウス、社会インフラの推進工事事業を担う機動建設工業株式会社を擁し、収益チャンネルの多角化に取り組んできました。一方、長年にわたって投資顧問や不動産投資ビジネスを手がけるとともに、クリーンエネルギーである太陽光発電事業にも新たに着手するなど、事業形態の多様化、収益のさらなる安定確保に努めております。
時代はいま変革期にあり、当社のコア事業である不動産関連においても市場規模の縮小化が進み、提供する価値に対する質実が問われていくことでしょう。
社会の環境変化の中で、当社は社名が記すとおり「未来を見通す力」をもって、積極的にM&Aや新規の事業開発を行い業容を拡大していくとともに、時代のニーズを汲み取りながら、企業価値の最大化に努めてまいる所存です。
当社の最大のメリットは、先見性を拠り所にした事業の多様化と推進のバランス力、そして確かな収益力にあると自負しております。私たちは各ステークホルダーの方々と強固な信頼関係を築き、豊かな未来を切り拓いてまいります。 皆さまとともに前進するプロスペクト・グループに、これからもどうぞご期待ください。

代表取締役社長 カーティス・フリーズ

カーティス・フリーズ

dummy