グローベル ザ・中浦和 日向ノ杜

WORTH WORTH

WORTH

富士山方向

古くから住み継がれてきた高台の価値。

大正13年測図

都心直結のJR埼京線沿線において、長い歴史を刻んできた中浦和エリア。「西堀氷川神社」の縁起によれば、本物件が立地する高台は、縄文・弥生遺跡の住居跡などが数多く出土していることから、太古の昔から人々が住んでいた土地であるとされています。かつて田畑や沼地であった周囲の低地ではなく、開放的な丘の上。長い時間をかけて人が住むための静穏が保たれ、格式ある住環境が息づいています。

大正13年測図

都心直結のJR埼京線沿線において、長い歴史を刻んできた中浦和エリア。「西堀氷川神社」の縁起によれば、本物件が立地する高台は、縄文・弥生遺跡の住居跡などが数多く出土していることから、太古の昔から人々が住んでいた土地であるとされています。かつて田畑や沼地であった周囲の低地ではなく、開放的な丘の上。長い時間をかけて人が住むための静穏が保たれ、格式ある住環境が息づいています。

万一の災害時も
安全性が保たれる高台立地。

万一の災害時も
安全性が保たれる高台立地。

「グローベル ザ・中浦和 日向ノ杜」は周囲から一段高くなった丘の上に立地します。古来、水田や沼地であった周囲の低地と比べて地盤が安定し、ハザードマップを見ても鴨川・鴻沼川の洪水の影響が少なく、今後発生するかもしれない災害時の安全性が示されています。

※その他のハザードマップや詳細はさいたま市ホームページを参照下さい。

「グローベル ザ・中浦和 日向ノ杜」は周囲から一段高くなった丘の上に立地します。古来、水田や沼地であった周囲の低地と比べて地盤が安定し、ハザードマップを見ても鴨川・鴻沼川の洪水の影響が少なく、今後発生するかもしれない災害時の安全性が示されています。

※その他のハザードマップや詳細はさいたま市ホームページを参照下さい。

高低差図(大正13年測図)
周囲と高低差のある丘上の安心感

大正13年に計測された図を見ても、西堀一帯は周囲と高低差のある丘であることがわかります。古くから低地は水田や沼地が多く、「西堀氷川神社」や本物件は地盤の固い高台に立地。万一の大地震時も、安定した地盤ゆえの安全性を実感できるロケーションです。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ
洪水などの水害の心配も少ない地

洪水ハザードマップとは、50年に1回程度降る大雨を想定して、浸水の範囲と程度を地図に示したもの。鴨川と鴻沼川の水位が上昇したときの、浸水する深さが50cm未満から5m以上まで5つのランクに色分けされています。本物件の現地が位置するのは、浸水の被害が想定されていない白い色で示された地域。水害の心配がほとんどない安心の立地です。

※さいたま市HPより安全性を実感できるロケーションです。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ凡例
高低差図(大正13年測図)
周囲と高低差のある丘上の安心感

大正13年に計測された図を見ても、西堀一帯は周囲と高低差のある丘であることがわかります。古くから低地は水田や沼地が多く、「西堀氷川神社」や本物件は地盤の固い高台に立地。万一の大地震時も、安定した地盤ゆえの安全性を実感できるロケーションです。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ
洪水などの水害の心配も少ない地

洪水ハザードマップとは、50年に1回程度降る大雨を想定して、浸水の範囲と程度を地図に示したもの。鴨川と鴻沼川の水位が上昇したときの、浸水する深さが50cm未満から5m以上まで5つのランクに色分けされています。本物件の現地が位置するのは、浸水の被害が想定されていない白い色で示された地域。水害の心配がほとんどない安心の立地です。

※さいたま市HPより安全性を実感できるロケーションです。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ凡例

海抜約14m~17m、地盤が安定した高台に暮らす。

荒川から「浦和」駅にかけて高台となった地形は、「グローベル ザ・中浦和 日向ノ杜」の現地が海抜約14m~14.5m、「西堀氷川神社」が海抜約15m~17m、浦和駅周辺は海抜約13m~16mとなっています。本物件は周囲よりもひときわ高い丘の上に立地し、安定した地盤に支えられています。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ凡例

海抜約14m~17m、地盤が安定した高台に暮らす。

荒川から「浦和」駅にかけて高台となった地形は、「グローベル ザ・中浦和 日向ノ杜」の現地が海抜約14m~14.5m、「西堀氷川神社」が海抜約15m~17m、浦和駅周辺は海抜約13m~16mとなっています。本物件は周囲よりもひときわ高い丘の上に立地し、安定した地盤に支えられています。

鴨川・鴻沼川 洪水ハザードマップ凡例